Windows 8.1の新規インストール(三)



 インストール形式の選択は、新規インストールのため「カスタム」を選ぶ。以前のWindows OSでは「アップグレード」を選択しても自動的に処理され、インストールを続行できたが、windows8.1 ダウンロード版はWindows 8と同じく、アップグレード対象となるWindows OSが存在しない旨を示すメッセージが衣示される。ここでパーティション分割などの操作が可能だが、Windows 8と大差ないので今回は割愛するので、以前の「Windows 8大百科」をご覧いただきたい。後はインストール先となるドライブを選択すれば、自動的に必要なファイルの展開が始まり、その後コンピューターの再起動が実行される([司043~047)。














関連記事:







Posted by adminkey at 11:37│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。